薄毛対策で最も重要なのが頭皮ケアです。男性の薄毛の原因の一つが頭皮の状態なのです。男性にはもともと「男性ホルモン」というのが多く分泌されています。このホルモンが厄介で体毛は増やす働きがある癖に頭髪だけは逆に減らす作用があります。同じ体毛なのにと思うでしょう。

しかしこれが男性ホルモンの困った作用なのです。

男性ホルモンの分泌が多いと筋肉を増やしたり、ムダ毛を濃くする働きをしつつ、髪の毛の薄毛を進行させます。理由は男性ホルモンにより皮脂の分泌が増えるからです。

皮脂の分泌が増えると頭皮の毛穴が皮脂で塞がれて汚れが溜まり、髪の毛に栄養が行き渡らなくなります。こうして弱くなった髪の毛が抜けて行き薄毛に悩まされるようになります。

ですからしっかりと頭皮ケアをしましょう。育毛シャンプーはしっかりと男性用のものを選択して、男性ホルモンに対する効果の高いものを使いましょう。それから頭皮を傷つけるように爪で引っかいたりすると頭皮が傷ついて良くありませんので、指の腹でマッサージするようにもみこみ洗いをしましょう。

このように頭皮を育毛シャンプーでしっかりケアすれば、薄毛は食い止められます。もうすでに禿げてしまった人は育毛剤を使うしかありませんが、頭皮が薄くなってきた場合は育毛シャンプーでしっかり抜け毛予防をして薄毛対策を行いましょう。