コンビニスーツが大好きな方にも期間限定で毎年なのが、さつまいもを使ったスイーツです。セブンイレブンで9月頃から販売されるさつまいもこは、使うさつまいもによって品名も、「宮崎紅のさつまいもこ」や「なると金時のさつまいもこ」などがあります。かぼちゃや栗など秋が旬の野菜を使ったスイーツもありますが、さつまいもこが大好きで、夫に関西地区限定の「なると金時のさつまいもこ」も出張帰りに買ってきてもらいましが。

宮崎紅さつまいもこは、税込140円とお手軽価格です。袋から取り出すと、まるでシュークリームのような重さでした。でも色は見たことのないピンク色で味から想像が難しいです。一口食べてみると、生地はシュークリームの皮よりももっともっちりとしていて満腹感があります。生地自体には少しの塩味を感じますが、気になる味はほとんどありません。クリームはカスタードのような色なのですが、味はさつまいもとクリームを混ぜたような濃厚な味です。クリームはカスタードを少しざらざらとさせたような食感で、さつまいもの味をしっかりと感じることができました。さつまいもというと和風な味わいを想像しがちですが、こちらは洋菓子店で買うようなレベルを感じます。

なると金時のさつまいもこは、生地は同じですが、中身に使っているさつまいもが異なります。今回、味の比較をしてみたところ少し違いがありました。なると金時の方がクリームはとろとろと滑らかな食感です。皮の見た目は固そうなのですが、やはりもっちりとしています。クリームはどちらも半分くらいしか入っていないのですが、食べた時に皮とちょうどいい量で、口から出てしまうほどです。カスタードクリームと比べてもクリームが柔らかいので、生地と一緒に食べるとちょっと贅沢なスイーツを食べているかのような感覚になります。

さつまいもクリームを使う商品はこの時期色々なところから出ているのですが、さつまいもこは去年のものに比べてより滑らかでクリーム度がアップしたように感じます。さつまいもが大好きという方はもちろん、シュークリーム好きにも納得していただける製品です。さつまいもも去年に比べて増量されているようで、風味がアップしています。このレベルで140円という価格ですので、他のセブンイレブンで販売されているスイーツに比べてもリピートしてしまう製品になりました。さつまいもが収穫できる期間限定発売なのが惜しいくらいです。