男性は20代半ばから段々と髪の毛が減ってきます。
早いと10代から薄毛が発症している男性も。
薄毛防止のためには、ストレスを解消し、健康的な生活を行うのが一番。
若い時期から薄毛となっている男性は、日常生活のストレスや、受験勉強のストレス、対人関係におけるストレスが原因となっているケースが多いようです。

特に受験勉強が切っ掛けでストレスを感じ、薄毛となってしまう男性は多く、一度薄毛となってしまうと改善は困難となります。
社会人になってから、ストレスを感じるようになり薄毛となってしまう男性も。
仕事、勉強、対人関係、と社会生活のために薄毛が促進されてしまいます。
ストレス解消方法は運動、趣味、リラックス、快眠がお勧め。

タバコを吸うとストレス解消になる、という人もおりますがストレス解消ができても一時的であり、喫煙は更なる薄毛を招いてしまいます。
喫煙は髪の毛にとって百害あって一利なし。
タバコはなるべくならば手を出さないようにしましょう。
一度吸い始めるとやめるのが困難になってしまう中毒性があるためです。

ストレスが少ない人は、やはり髪の毛もふさふさで爽やかな顔つきをしています。
今からでもストレスは早めに解消をしておきましょう。